サックス 教室 楽譜 大阪 堺|Sax Artist uzu

21 クランプ

新品の楽器や、郵送修理の時には
楽器に コルクの詰めものをして、送られて来ます。

その理由は、
開いているキーを塞いで、動かない状態で輸送する事で
ガタつきが軽減され、調整を狂いを最小限に抑える事です。
(振動で ネジ類が緩みます。精密機械全般に言える事ですが。)

楽器店で 楽器調整を依頼した時に
コルクを詰めて欲しいとお願いした所

EVAスポンジで製作して頂きました。
(小さい子供の転倒防止用や、衝撃吸収材、吸音材として使われます。)

コレが、思ったより良くて。
長距離バスや、車での移動が多い、私には効果大でした。
ある程度の伸縮性があるので。コルクに比べて 詰めやすいですし。

DIY好きの私としては、
自分でも作ってみようと言う衝動にかられた訳です…。

サックス用クランプ 01 サックス用クランプ 02 サックス用クランプ 03


[材料]
「EVAスポンジ」 厚さ(1cm)

※東急ハンズ、画材屋等で販売。
※各種カラーあります。

金色の楽器は、黄色
銀色の楽器は、グレー
が、綺麗だと思います。お好みで♪

カッターナイフ

カッター用 マット

ステンレス製 物差し


「EVAスポンジ」を、2cm幅の棒状に加工します。
サックス用クランプ 04

その棒を小さな台形に切り分けて
塞ぎたい箇所の「大きさ」
細かい箇所ほど「角度を小さく」
と言った風に、微調整しながら様々な台形を切り出します。

キーポスト
キーロッド 等
余分な箇所に当たる場合は少し削って加工します。

サックス用クランプ 05

伸縮性があるので。コルクの様に精密な加工は必要ありません。
大雑把に切り分けて大丈夫です。


キーを押した時に出来る隙間へスポンジを詰めます。
無理に 強く押し込んで、
・フェルトやコルクが剥がれない様に
・キーが変形しない様に 注意しながら、全タンポが塞がる様にします。

サックス用クランプ 06 サックス用クランプ 07


詰め終わったら、
1つ1つに指番号を書いて
どこのパーツなのか、分かる様にしておきましょう。
油性マジックで記入できます。

サックス用クランプ 08

 ■ フロントF  (FF)
 ■ 左手 人差し指 (1)
 ■ 左手 中指   (2)
 ■ 左手 薬指   (3)
 ■ 右手 人差し指 (4)
 ■ 右手 中指   (5)
 ■ 右手 薬指   (6)
 ■ 右手 小指   (Low C)
 ■ 左手 小指   (Low H)
 ■ 左手 小指   (Low Bb)
 ■ 左手 親指   (Low C)


ステンシル を使えば、もう少し綺麗に印字できます。
クリアファイルに、印字したい文字を印刷したものをはさみ
カッターでくり抜きます。

サックス用クランプ 09

印字したい場所にスポンジを置いて。
ボールペンでなぞれば、こんな感じになります。

サックス用クランプ 10 サックス用クランプ 11


これで、輸送によるダメージは
幾分か減らせると思います。
調整代の節約にもなりますし。
安心して本番を迎えられます。

材料費も手頃で、
加工しやすいですので。
もし良かったらお試し下さい♪


ご質問等ございましたら、
お気軽に メール ( sax@uzu.digick.jp ) して下さい。


| | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31

お問い合わせ

下記より 気軽に ご連絡下さい。

ページトップへ戻る