サックス 教室 楽譜 大阪 堺|Sax Artist uzu

23 リードの削り方

リードサイズ

リードはセッティング
の仕方で微調整が可能なので。
削る必要が無いと思います…が。

バリトンサックス用 リード
[バンドレン : トラディショナル]
は、現在「2番」までしか
販売されていません。

その為、どの様にすれば
1番のリードを再現できるか
削り方を 見直してみました。


リードサイズ

厚さの異なるリードを計測して
どの部分を削れば良いのか、調べてみました。

まずは、
ショルダー(表皮)から
ティップ(先端)までの
「長さ」「横幅」を、4等分します。

縦横の交差する点の、リード厚さを
ノギスで計測した数値が以下です。 単位(mm)

※ 先端部は、0.1mm以下の為、計測不能でした。
 もっと精度の良い道具があれば…。

リードサイズ

リードサイズ

数字を見ると、
0.1mm 単位の線対称で、綺麗に削られています。
ショルダー(表皮に近い部分)と
ハート(中央の ∧ 部分)は
リードの番号とは関係なく、厚さは一定ですので。
この部分は、削りません。

薄い番号になるにつれ、
両横(エッジ)は、中央から先端に掛けて、薄くなっています。
縦の中央部分も、ほんの僅か削られています。


試しに、2番のアルト用を
1番に近づける様に削ってみました。

私が使用しているのは、
耐水ペーパー 1500番以上です。

※ 金属や石の研磨は、濡らしますが。
 木材は、乾いた状態で行います。

作業用の 平らな板か
ガラスの上にリードを置いて、
表皮から先端 へ、繊維の方向に沿って
指の腹を使って、均等に削ります。

リードサイズ

私の削り方ですと、
10回擦ると、0.1mm削れる様ですので。
 [1]両横(エッジ)を   10回
 [2][3]中央から先端 を 2回
で、2段階 下の厚さになりました。
(2番→1番)

先端 (ティップ) は、計測不能ですが。
実際に、演奏した感覚では、
数字の小さい番手ほど、僅かに薄い様です。


削る事による、部位毎の効果は…

[1]両横(エッジ)
リードの厚さの違いは、主にこの部分です。
特に、低音の反応が鈍いと感じた場合に、削ります。

[2]中央から先端(ハート上部)
リードの厚さに多少影響しますが。
先端を削る際に、多少削れても構わない 程度にお考え下さい。
リードのコシ(反発力|バネ)に関係する部分です。

[3]先端(ティップ)
中低音域〜高音域にかけて
レスポンスを上げたい時に有効。
(鳴らないリードの多くが、この部分が厚いです)


[結論]

リードは、既製品でも 0.1mm単位で削られていますので。
自分に合った、厚さのリードであれば
基本的には、何も手を加えないで 良いと思います。
(1箱に1〜2枚しか使えないなら、もう2ランク薄くて良いと思います。)
個人的には、練習時間を削ってまで、微調整する必要は無いと思います。

ただ、
・既製品以上の精度で仕上げたい
・特注サイズのリードを使いたい
という方は、自分で削る選択肢もあると思います。

たった1回(0.01mm)擦るだでも、状態が変化しますので。
繊細な違いが分かる方のみ、
お試し下さい ♪


| | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31

お問い合わせ

下記より 気軽に ご連絡下さい。

ページトップへ戻る