ロゴ サックス 教室 楽譜 大阪[堺]|Sax Artist uzu

11 リガチャー履歴

楽器を始めた時から、試行錯誤を繰り返して
1つの理想へ辿り着く事が出来ました。
ココに掲載している分は、実際に購入した物だけですが。 参考に どうぞ/

 ・YAMAHA [ 1994 ]
 ・Harison [ 1994 ]
 ・D.Bonade [ 1995〜 ]
 ・Harison Silver [ 1997〜 ]
 ・Optimum (1999)
 ・BG Traditional [ 2000〜2006 ]
 ・長松式リガチャー [ 2006 ]
 ・T-serie "Original" [ 2006〜2007 ]
 ・自作 リガチャー [ 2007〜2018 ]

YAMAHA [ 1994 ]

YAMAHA

学校の楽器で練習していた時
始めて自分の楽器を購入した時
に お世話になったリガチュアです/
・空間的表現(3D)よりも
・平面的表現(2D)を得意とするタイプ (倍音成分が少ない為)

音質は、良い方ではありませんが。
控えめな音を求められる 2ndアルト用等に使えます。
アンサンブルでも、まとまりやすい音色が多いのでは無いでしょうか。
その分、個性的なスタンドプレイには向かないタイプ。
良い意味でも、悪い意味でも、「良い子」な奴です。
変な癖は無いので、結構 自由に扱えるタイプだと思います。

Harison Gold (original) [ 1994 ]

「良い音を出すには、このセットが良いヨ。」と
楽器店で言われるがまま。知識も無く、初めて購入したリガチュア。
やっぱり選定無しで購入ってのは、マズいですね。
一応、オリジナル・ハリソンなんですが…。

今現在でも、アタリ・ハズレがあるって 楽器業界だけですよ。
コレって不良品では…。
通常の ハリソンは、高音域が繊細になる物が多いんです、が。
そこは例外だった様子。

D.Bonade [ 1995〜 ]

この頃からバンドレンのマウスピースを使用。(A20 , A25 , A27 , A28 色々と。)
ハリソンの メッキ剥げを切っ掛けに、ボナードに変更しました。
・音量の許容量が1段階増える
・音の伸びや、遠達性に優れている
と言う点に、魅力を感じていました。

でも、今になってみると
・自由に音色が作れない
・A27マウスピースに、型が合わない
(セルマー専用です。リードと金属の間に隙間が出来ます)
と 初心者には、判断しにくい問題を抱えています。

楽器・マウスピース選定にも通じる事を学ばせて貰った、反面教師的なリガチュアです。
私のレッスンでは、唯一 [ 使用禁止のリガチュア ]にさせて頂いております。
逆に、音大生やプロの方には、何故ダメなのかを知る為に、使って欲しいです。
偶然にも、自由度の高い楽器・マウスピースと組み合わせたから
理解出来たのかも知れません。

Harison Silver (original) [ 1997 ]

当時、関西の女性プレイヤーを中心に人気だった 【ハリソン|シルバー】
今でも ファンが多いと聞いてます。
「好きな方を選んで良いよ」と、
師匠と私と両方の選定をクリアした物です。
今でも使える程、クォリティーの高い物です。

ハリソンのリガチュアは、豪快なプレイよりも 繊細なプレイ向きなので。
[ ゴールド ]で、パワーが足りない分を補う と言うよりも
[ シルバー ]で、ハリソン本来のキャラクターを生かす方が、
相性が良いと思います。

金属の薄さが、音の秘密かも知れません。(反面、壊れやすいですが。)
特に最近は、シルバーの数が少なくなりましたね。
現在でも、サブ用として楽器ケースに入っています♪

Vandoren Optimum [ 1999 ]

オリジナル ハリソンが 入手不可能になった時期に
バンドレンマウスピースとの相性が良いと思って購入。
戦車の装甲板の様に厚い金属と、軽い吹奏感。
音色の自由度も 申し分無く使えるかなと。
プレートは、1番の縦ラインで使用していました。

市販されているリガチュアの中で 金属が最も厚いタイプだと思うんですが。
これが原因で 周波数を中音域に抑えています。(軽く、おとなしい音)
あと、ダイナミクスレンジ(音量の差)が狭いです。
物足りなさを感じて、1ヶ月程で買い替えました。

BG Traditional [ 2000〜2006 ]

BGは、バンドレン用に設計されているので。
音色/音量/音質 …など バランスが良く
繊細・豪快 な 演奏にも対応してくれます。

メッキの厚さは、2種類あり
厚い方が中低域が充実するので 好んで使っていました。
薄い方は、半年でメッキが剥がれたので、オススメしません。
同じタイプを4回ほど 買い替える程、お世話になりました/
ま、不自由なくやっていたのですが…。→Next

長松式リガチャー [ 2006 ]

長松式リガチャー

オーディオのフラットと言う考えを、楽器に導入しようと思い。
純銅製が良いのでは…という予想に基づいて、購入しました。

最初は、標準サイズを頂いたのですが。
バンドレンでは、型が合わず、御丁寧にも作り直して頂いたんです。
そうすると、強度を補強する為に 金属が厚くなってしまいました。

どちらかと言うと、中音域寄りの周波数です。
ヤナギサワの、ブロンズのニュアンスが近いかも知れません。
素材の特性で、低音域が少し広がるのを感じました。

別売りの、プレッシャープレート(手で押さえて違いを知る為の金属)も試しましたが。
私は、何も加工をしていない物の方が、周波数が広い(特に低音域)と感じました。
本製品のおかげで、銅が理想的な素材だと言う事を確信出来ました。

Tシリーズ オリジナルリガチャー [ 2006 ]

Tシリーズ オリジナルリガチャー

シンプルな構造と、銅製
と言う事で 注文しました。

リガチュア自体が留め金になっていて、
本体の力で締め付けるんです。
最初は、使い方が難しく感じましたが。すぐに慣れます。

私は、金メッキと 無メッキ の2種類を注文したんですが。
無メッキの方がフラットで、
楽器本来の音は、こんな感じだったのかと驚きました。
アタリ | ハズレ は、ありません。(バリトンの方に朗報です !!)

[ 低い周波数を説明する時 ]

学生にも分かり易く伝える為に、
どちらが最低音の時に「ズーン!」と来ますか?
と噛み砕いて説明しています。

特に、低音域の楽器ほど 効果大です。
(ただし、ヤ○ハや、銀素材の楽器、セル○80のマウスピースなど
 中音域中心の機材に対しては、効果が薄いです。)

[ 高い周波数を説明する時 ]

音のクリアさ(透明感)で判断して下さい。
と説明しています。

「輝かしさ|明るさ」とは、また違います。
そう感じた場合は、周波数に癖があると解釈して下さい。
(デュコフのマウスピースが良い例です。)

自作 リガチャー [ 2006 - 2018 ]

ソプラノ〜バリトン

最近は、「Tシリーズ オリジナルリガチャー」
を、発想の原典にして、自作リガチャーを作っています。
(ソプラニーノ、ソプラノ〜バリトンまで対応)

マウスピースの、サンプルさえあれば、
各種メーカー、バスサックス、クラリネット
も、製作可能です。

サックスコラム 14. 自作リガチャー

今 発売されているリガチュアの多くは
パーツ自体に音色を持たせて、個性を売りにしている物が殆どです。
でも実際は、「個性のない音 = 自由に音を作れる」と言う事なんです。
これが音響的に[フラット] と言う状態です/
よかったら、1度 使ってみて下さい。



| 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | | 31

お問い合わせ

下記より 気軽に ご連絡下さい。

ページトップへ戻る