Michelangelo 70′ | Astor Piazzolla

Astor Piazzolla Live in Utrecht, 1986
よりアレンジしました。

私にとっての 編曲は、
絵画における模写の様なものです。
短いテーマを何度も使った、印象に残る曲です。
シンプルさを、自分の作品にも生かせたらな…
と思い手がけました。

[5重奏+ピアノ版]
管楽器で、ウォーキングベースを再現するのは体力的に大変で。
あと、コード感を出すのに、何本も楽器が必要なので。
出来るだけコンパクトにする為に
ピアノを含めたアレンジも手がける様にしています。

[6重奏版]
管楽器だけで演奏する場合に
最もコンパクトになる仕様です。
テンションノートが多いので。
私の望むサウンドは、6重奏が限界でした。

[8重奏版]
管楽器だけで、ペース配分も考慮した
無理なく演奏出来る仕様です。
アコースティックベースと
ピアノのベースラインを分けて再現しているので。
音圧に迫力が加わり、変化が楽しめます。


サックス5重奏+ピアノ SAATB+Pf

サックス6重奏 SAATBB (Bass)
サックス8重奏 SATB×2 (Bass)


[楽譜] Michelangelo 70′ | Astor Piazzolla

Sax Artist -uzu-[サックス教室|楽譜販売]
http://uzu.digick.jp/

“Michelangelo 70′ | Astor Piazzolla” への2件の返信

  1. ご無沙汰しております。練習もできず、PCも開けず…の状態でしたが、そろそろ始動!?
    さて、先日の土曜日23時からやっている、「先輩ROCK YOU」という番組で、アコーディオン奏者のcobaさんと、バンドネオン奏者の三浦一馬さんが「リベルタンゴ」をセッションしていました。はじめてバンドネオンを聴いて心地いいなぁと思っていたところです。
    今週土曜日は三浦一馬さんと三味線の吉田兄弟とのセッションがあるようです。そういった異色の組み合わせって、面白いですよね!
    まさかバンドネオンのアレンジをされていたとは!!とってもかっこいいアレンジですぅo(^▽^)o

  2. こちらこそ。
    相変わらず、マイペースでやっております♪
    色んなネタ探しをしつつ、オリジナルに生かす為の
    模写のつもりで。アレンジしてます/
    この曲は、シンプルなテーマを何回も使うのが特徴ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です