サックス ダブルリップ アンブシュア sax

サックス コラム

31. ダブルリップ アンブシュア

ダブルリップ アンブシュア に 移行した訳


楽器を初めてから 約25年
下唇のみを巻いて演奏する
「シングルリップ」
で音作りをして来ましたが。

年齢に伴ってか 分かりませんが。
長年の演奏で、前歯に負担がかかっている様で。(※注)
歯にはクラック(ひび割れ)が見られ
いつ歯が 根本から折れても
おかしくない状況になってしまいました。

10分程度の演奏で、痛みも伴うので。
もぅ、演奏も無理かなと思っていました。


コラム31 3

そこで。
以前から気になっていた。
上下の歯とも 唇を巻いて演奏する
「ダブルリップ アンブシュア」
に切り替える事にしました。

有名なプレイヤーの中にも、
クラシック、ジャズ関係なくいらっしゃる様で。
少し希望を抱き、挑戦してみる事にしました。

[写真右]Scales for saxophoneより引用

.

・ ジョン・コルトレーン
・ ブランフォード・マルサリス
・ スタン・ゲッツ
・ 阪口 新 (後に、シングルリップに変更)
・ 雲井 雅人(アンブシュアのチェックの為)
...他


(※注)前歯の裏側から正面の方向に向かって、力が掛かる様です。
左手親指を強く押さえて、
マウスピースを固定される方は要注意。

私の場合は、オクターブ以上の音の跳躍がある箇所で
瞬間的に、左手親指に過度の力がかかり、
歯に負担がかかっていた事が判明しました。


ダブルリップアンブシュア の方法


演奏方法は、単純です。
下の歯に唇を巻くのと同様
上の歯にも、唇を巻くだけです(笑)

唇を巻くと言うと
初心者の場合「巻き込む」位、
多く巻いてしまいますが。(10〜20mm)
被せる程度(2〜3mm)で大丈夫です。

コラム30 1


ダブルリップを使い初めてから、約6ヶ月経ちましたが。
最初の頃は、ふわふわした 噛み心地に
音程や音色が 安定しませんでしたが。
今では、意識せずとも自然に口が収まる様になりました。
歯の痛み、唇の痛みもありません。

現在では、
ソプラニーノから、バリトンまで
最低音から、フラジオ
極小さい音から、大音量まで
何の問題もなく演奏できています。

むしろ。
フラジオは、少し成長したかも知れません(笑)


両方の奏法を比較してみて(左 : シングル 右 : ダブル)

コラム30 3 コラム30 3

■ シングルリップ

[長所]

・上唇の筋肉は、息漏れを防ぐ程度しか必要ありませんので。
 ほぼ下唇のみで音色を操作できます。

・正しい息使いを 習得していない方でも
 強く噛む事で 高音やフラジオを出す事が可能です。

・上唇が口内炎になるリスクは、少ないかも知れません。

[短所]

・前歯に 負担をかける可能性があります。

・噛み過ぎ傾向である事に気付きにくい。

・歯から頭蓋骨に伝わる振動が大きい為
 疲労骨折(歯ですが)の原因とも考えられます。
 個人差があるでしょうし。 素人体験による推測ですが。

- - - - - - - - - - - - - - - -

■ ダブルリップ

[長所]

・噛むと痛みを伴うので、自然に噛まない奏法が身につきます。

・殆ど噛まないので、リードの振動を最大限に生かせます。

・歯から伝わる「骨伝導」の音が減るので。
 客席で聴いている音に近い状態で、音作りが可能です。

・歯の接触部分の摩耗がありませんので。
 マウスピースパッチを貼る必要がありません。

・楽器店でのマウスピース試奏も、パッチ無しで行う事が可能です。(要事前確認)

[短所]

・口の筋肉を繊細に扱うので。
 厚いリードで、噛み癖のある方には習得が難しい …かも。

・異端視扱いされるので、先輩や指導者からの白い目が気になる…。
 (優しく見守ってあげて欲しいです。笑)


まだ、生徒さんには、
シングルリップが一般的ですが …と説明していますが。
将来的には、ダブルリップが一般化する事を願っています。

特に、長く楽器を続けたい
・プロ奏者
・御高齢の方
・長時間練習される学生
・歯にトラブルを抱えた方
…等(健常者も含めて)

体の為にも、音の為にも 利点が多い奏法ですので。
是非、一歩前へ 踏み出す事をお薦め致します♪
早ければ、約1ヶ月で移行が可能です。

[2017_09_19]


ダブルリップ アンブシュア
初採用は、2017年03月末
初録音は、2017年04月22日
です。



ページのトップへ戻る