サックス 純正律と平均律 sax

サックス コラム

28. 純正律と平均律(2)

純正律と平均律 について(2)


私は、平均律を推奨していますが。
純正律の音程のトレーニングも日課として行っています。
基準音を元にスケールを行い、下記の様な数値を用いています。

純正律の修正値


しばらく続けてみて。
どうも低音域のうなりが聴き取りにくく感じて。
まだまだ 実力不足だな…と思っておりましたが。

数値で計算してみると、
高音域ほど、「うなり」の回数が
大きくなる事が分かりました。
(何分、数字の苦手なもので…。 計算ミスはご容赦下さい。)

純正律・平均律の誤差

※注1 平均率の値は、下記HPより参照。
http://homepage2.nifty.com/sampodo/korikutu/equal.html


「うなり」は、1秒あたりに、Hz 差分だけ起きますので。
例えば、440Hz で5度上の音を鳴らした場合
純正律(660Hz)と平均律(659.2)の差(0.732)ですので。
1秒間に0.732回うなりが起きる事になります。
(物理に 弱いのですが … 笑)

同じ5度の音程でも、
2オクターブ上だと、2.93 Hz の差ですから。
メトロノーム表記(BPM)60で、3連符相当のうなりになります。

■ 高音域程、「うなり」に対して敏感に
■ 低音域程、「うなり」が聴き取りにくくなります。

実際に、倍音の無い サイン波(正弦波)でお聴き下さい。
※ヘッドホン推奨(スピーカーの場合、箱が共鳴して高い倍音が発生します。)

(平均律の完全5度 全て 2cent の誤差です。)
1760 & 2637 [Hz]   速い
880 & 1318.5 [Hz]   ↑
440 & 659.2 [Hz]
220 & 329.6 [Hz]   ↓
110 & 164.8 [Hz] 遅い(聴こえない)

もう一つの現象として、
オクターブ以上の音程差になると
「うなり」が 弱くなります。
「うなり」は、高(低)音域ほど、速(遅)くなります。

1760 & 1318.5 [Hz] うなり[中]
880 & 1318.5 [Hz] うなり[大]
440 & 1318.5 [Hz] うなり[小]
220 & 1318.5 [Hz] 聴こえない?



[結論]

高音域の楽器同士程、音程がシビアになります。
音域の近い楽器程、音程がシビアになります。

逆に言うと、

低音域の楽器同士や、[例] Tu & C.Bass
離れた音域の楽器は、[例] Tu & Piccolo
必要以上に音程に敏感にならなくても良い気がします。
(吹奏楽で、間違った チューニング方法に 時間を費やしていませんか?)

ただ、実際の楽器は 高い倍音を含むので。
倍音と基準音が共鳴して、
「うなり」が聴こえる場合もあると思いますが。

私は、平均律の精度を上げれば
美しい響きに近づくと考えていますが。
(音色・音量・音質・音価… と言った要素も含めて、音作りが必要ですが。)
高音域のユニゾンは、大変 繊細だと言う事が 改めて分かりました。


追記:
個人練習、合奏中も、常時チューナーを用いて
全ての音程を平均律で合わせられる様に、腕を磨いて下さい。

[初心者] 1.0秒以内に ±20cent
[中級者] 0.5秒以内に ±10cent
[上級者] 0.2秒以内に ± 2cent

上記ができる様になった段階で、
より精度の高い「耳」で合わせる事が必要だと考えています。


合奏用 個人練習用



ページのトップへ戻る