サックス コラム ラクール 50の練習曲 33番

サックス コラム

24. ラクール50の練習曲 33番について

楽譜には、
Allegretto ♩.=100
となっていますが。
この曲は、
あえて遅く演奏しています。

理由は、
・息継ぎが指定されていない。
・他の曲と比べて、
 速度記号の数字が大きい。
と言う点から、導き出しました。

第1の理由として、
この曲は「息継ぎ」のマークが書かれておりません。
おそらく、フレーズの区切りになっている箇所
「8分休符」で息を吸う事が、自然だから
あえて、記入しなかったのだと思います。

ソルフェージュで教わる事ですが。
息継ぎの箇所で、息を使い切る様に演奏すると
自然と、曲のテンポ感が決まる とされています。

指定のテンポでは速すぎて、息が余る様に感じましたので。
もう少し遅いテンポ設定なのでは?
と考えています。

第2の理由として、
作曲者の時代や、曲調によって
速度記号や メトロノームの数値には、差がありますが。
例えば、フェルリング48のエチュードの場合

18番 Vivace ♩.=84
32番 Allegretto ♩.=80
40番 Allegretto ♩.=66
48番 Allegretto ♩.=80

となっていますが。
それと比べれば、ラクール33番の速度表記
♩.=100 の速度は、Presto 以上の速さになってしまいます。

以上の理由から、 私は、 ♩. = 80 前後を採用しています。
(♩ = 100 の、印刷間違いでは無いでしょうか?
 そうだとすれば、♩. = 66になりますが。)

もし、音楽の試験で演奏する場合は、
楽譜通りのテンポが安全だと思いますが。

単に、音楽を追求されたい方は、
そう言う解釈もあると言う事で、付け加えました。
賛否両論を踏まえた上で、お試し下さい。


Sax Artist -uzu-
サックス 教室 楽譜

ページのトップへ戻る