サックス コラム

サックス コラム

21. クランプ

新品の楽器や、郵送で修理に出した時には、
楽器に コルクの詰めものをして、送られて来ます。

その理由として、
開いているキーを塞いで、動かない状態で輸送する事で
ガタつきが軽減され、調整が狂いにくくなる様です。
(振動で ネジ類が緩むんですよね。精密機械全般に言える事ですが。)

最近、某楽器店で 楽器調整を依頼した時に
コルクを詰めて欲しいとお願いした所。

「EVAスポンジ」
(小さい子供の転倒防止用や、衝撃吸収材、吸音材として使われます。)
で、製作して頂きました。

コレが、思ったより良くて。
長距離バスや、車での移動が多い、私には効果大でした。
(自転車移動の方にも、効果がありそうです。)
ある程度の伸縮性があるので。コルクに比べて 詰めやすいですし。

で。DIY好きの私としては、
自分でも作ってみようと言う衝動にかられた訳です…。

サックス用クランプ 01 サックス用クランプ 02 サックス用クランプ 03


[材料]
「EVAスポンジ」 厚さ(1cm)

※東急ハンズ、画材屋等で販売しています。
※各種カラーあります。
(ラッカー塗装は、楽器が金色なので。黄色と相性が良いです。)
(銀メッキ、シルバーソニックなら、グレーと相性が良いです。) お好みで♪

カッターナイフ

カッター用 マット

ステンレス製 物差し


「EVAスポンジ」を、2cm幅の棒状に加工します。
サックス用クランプ 04

その棒を小さな台形に切り分けて
塞ぎたい箇所の「大きさ」
細かい箇所ほど「角度を小さく」
と言った風に、微調整しながら様々な台形を切り出します。

キーポスト
キーロッド 等
余分な箇所に当たる場合は少し削って加工します。

サックス用クランプ 05

伸縮性があるので。コルクの様に精密な加工は必要ありません。
大雑把に切り分けて大丈夫です。


キーを押した時に出来る隙間へスポンジを詰めます。
無理に 強く押し込んで、
・フェルトやコルクが剥がれない様に
・キーが変形しない様に 注意しながら、全てのタンポが塞がる様にします。

サックス用クランプ 06 サックス用クランプ 07


詰め終わったら、
1つ1つに指番号を書いて
どこのパーツなのか、分かる様にしておきましょう。
油性マジックで記入できます。

サックス用クランプ 08

 ■ フロントF  (FF)
 ■ 左手 人差し指 (1)
 ■ 左手 中指   (2)
 ■ 左手 薬指   (3)
 ■ 右手 人差し指 (4)
 ■ 右手 中指   (5)
 ■ 右手 薬指   (6)
 ■ 右手 小指   (Low C)
 ■ 左手 小指   (Low H)
 ■ 左手 小指   (Low Bb)
 ■ 左手 親指   (Low C)


ステンシル を使えば、もう少し綺麗に印字できます。
クリアファイルに、印字したい文字を印刷したものをはさみ
カッターでくり抜きます。

サックス用クランプ 09

印字したい場所にスポンジを置いて。
ボールペンでなぞれば、こんな感じになります。

サックス用クランプ 10 サックス用クランプ 11


これで、輸送によるダメージは
幾分か減らせると思います。
調整代の節約にもなりますが。
安心して本番を迎えられる点が、何よりウレシイ♪

材料費も手頃で、加工しやすいですので。
もし良かったらお試し下さい♪


お手製の場合は、
パーツ毎に かかる圧力を
微調整したり出来ますが。

作るのが面倒な方には、市販品もあります↓
[Hollywoodwinds Sax Key Clamps]

ソプラノサックス用

カーブドソプラノ用

アルト用

テナー用

バリトン用


ページのトップへ戻る