サックス コラム

サックス コラム

19. 体重移動

ppp 〜 fff まで、8段階
息で、音量を吹き分ける事が出来ますか?
さらに、

<(crescendo)
>(dim)
>(attack)
∧(attack)…など

息で、吹き分ける事が可能でしょうか?
私は、そこまで微細なコントロールは、息だけでは不可能だと思っています。


…では、どうしたら良いかと言いますと。
音量をコントロールする技術は、息だけでは無いと考えています。

試しに音を出しながら屈んでみましょう。(音圧が増加します。)

他にも、体を左右に振ってみたり(楽器が正面の時、音圧が高い)

かかとを上げてみたり(音圧が減る)

変化が感じられたでしょうか?

※マイク位置の関係から、
実際の変化が、この映像では伝わらないかも知れません。ご了承ください。


この変化をうまく演奏に取り入れてみたいと思います。
まず、足を肩幅に開き、軸足を正面
もう一方を外側に45°開きます。
(両足が正面だと、前後にしか体重移動が出来ませんので。
こちらをオススメ致します。)

※バイオリンや、フルートのソリストに多く見られる立ち方です。

音を出しながら、軸足に体重を載せて行きましょう。
滑らかに音量が増していくのが感じられますか?
今度は逆に、軸足に体重を戻して、dim. してみましょう。


このやり方ですと、「f, mf, mp, p」で、
息を一定に保ったまま音量調節が可能です。
あと、自分の思ったタイミングで調節がが出来るので
より繊細な音量表現が可能になります。

あと、余談ですが。アタックに関して。
「∧」 なら、瞬間的に両足へ体重を載せる
「>」 なら、外側に開いた足へ体重を載せながら、楽器を前方へ押し出す
と 使い分ければ、音に方向性を加える事によって、
様々なアタックも使い分ける事が出来ます。

息と体重移動を組み合わせる事で、
より 音量表現の幅を広げる事が出来るのでは無いでしょうか?
宜しければ、お試し下さい。


ページのトップへ戻る