サックス コラム リガチャー 自作 DIY クラリネット

サックス コラム

14. 自作リガチュアの作り方

私は、10年以上前から
リガチャーを自作しています。

金属の量が少ない為。
余分な色づけがなく、
楽器本来の性質が、際立つと思います。

周波数の全帯域が広がり、
「音」に 艶と立体感が感じられます。
興味ある人は、是非、自分でも作ってみて下さい。


<1. 準備する物>

針金

【針金】
銅/直径1.6mm (ソプラノ)
銅/直径2.0mm (アルト〜バリトン)
銅/直径2.6mm (バス)

「エナメル銅線」(セルマー リファレンスと見た目、音色とも似ます。)
「園芸用の焼き鈍した針金」は、使用しないで下さい。
ホームセンターで販売している、「普通の軟銅線」で結構です。


TS継手 バルブ用ソケット

【TS継手 バルブ用ソケット】
↑ ホームセンター|東急ハンズ …等で販売。

 ソプラノ 呼び径16
 アルト  呼び径20
 テナー  呼び径20
 バリトン 呼び径25

※ マウスピースのメーカーや、型番により
外径が異なるので、ネジ山をヤスリで削って調節します。
強い閉め具合を好む方は、多めに削って下さい。
(私の場合は、アルトサックス用 バリトン用は
 ネジ山が無くなるまで削っています。)

ソプラニーノは、「ハイマッキー」の軸を使用 →


ニッパー | ヤスリ

[ヤスリ]
[ニッパー]
[ワイヤーカッター]← 2.6mm以上の太い銅線の場合

ヤスリは、TS継手の調整や
切断面を滑らかにしたい場合に用います。
銅の針金は柔らかいので。
高級なニッパーで無くても切れますが。
太い針金に対応する製品の方が、安全に作業出来ます。


<2. 製作手順>

巻き始め

「TS継手 バルブ用ソケット」の溝に沿って針金を巻きます。
少し、多めに巻いておきます。(2〜3回くらい巻きます。)

巻き始め

針金を、マウスピースに仮合わせします。
下側の針金を広げながら押し下げると、装着出来ます。

巻き始め 巻き始め 巻き始め

余分な針金をカットして。
左右均等になる様にします。


針金 カット前

マウスピース上部の方は
針金を閉じたままにしておくと、
締まりが良く、装着時に上下が分かりやすいです。

(私は、上下が分かりやすい様に、
 マジックで、切断面に色を塗って目印にしています。)


<3. 考察>

音質優先の為に、
メッキや 塗装は しません。
この方法で、基本的には全種類のサックス(クラリネットも)製作が可能です。

金属の量を減らす方が、音質の向上には繋がりますが。
切り過ぎると、リードの振動を抑えられずに、金具が共振してしまいます。
「針金の細さ」「巻く数」を工夫して、最小限のセッティングを探して下さい。

・たった 2mm切っただけでも、音質が変化します。
・低音楽器ほど、共振しやすい様です。


現在の私の仕様は、
[ソプラニーノ]    1.2mm 1回巻き
[ソプラノ サックス] 1.6mm 1回巻き
[アルト サックス]  2.0mm 1回巻き
[テナー サックス]  2.0mm 1回巻き
[バリトン サックス] 2.6mm 1回巻き
で、使っています。

2回巻き ソプラノ〜バリトン


後は、沢山失敗して、経験を積んで下さい。
アタリ・ハズレ のないリガチュアですので。
バリトンサックスや バスクラリネットで、
鳴るリガチャーは、貴重です。

使用に伴い、金属が伸びて金具の位置が下がって来たら
新しい物と交換して下さい。(3〜6ヶ月)
2〜3回程度なら、巻き直し可能です。
加工硬化の影響で、より丈夫でシャープな音になります。

もう、リガチャーの選定に 何時間も費やしたり
○千円、○万円も投資する必要もありません。
何よりも、音楽に集中できると言うことが、素晴らしいと思います。


ご自分で、どうしても 作れないと言う方には
¥1500/1個 [ソプラノ〜バリトン](送料込み)
でお作りします。

メール ( sax@uzu.digick.jp ) へ御連絡下さい。


手前味噌ですが。
私の巻いた物の方が、フィット感、鳴りが良いと
言って頂く方もいます。(10年 巻き続けてますから。笑)

下記のセルマー、バンドレンには 対応するサイズですが。
特殊な場合は、マウスピースをお送り頂かないと
ジャストサイズは難しいかも知れません。

ソプラノ セルマー C*
アルト  バンドレン A27、セルマー C*
テナー  バンドレン T27
バリトン バンドレン B27



ページのトップへ戻る