サックス 楽器レビュー

サックス コラム

12. 楽器レビュー ■(入門クラス) ¥10万前後 の サックス

¥10万前後 の サックス

入門用クラスと言われますが、
始めての方には、¥10万すら 敷居が高い様です。
工夫次第で、まだコストを下げられる様な気もします。
例えば、
・楽器の材質の見直し
・余分な装飾や、彫刻の廃止
・マウスピースや リード …等の付属品も不要です。(笑)

でも、きちんと選べば
上級機種に負けないクォリティーの楽器も存在します。
決して、「安い=悪い」と言う訳では無いんですよ/

個人的には、¥20万の楽器を買うなら
[アルト|テナー] [アルト|ソプラノ]の2本所有も、イィと思います。


「Vibrato Sax / A1S SERIES3」



プラスチック(ポリカーボネート)のサックスです。
熱や水にも強そうなので、
スペア用に車内に置いて置きたいなと言う事で
出始めた当初から、注目しています。

■[A1(生産中止)]
ポリカーボネイト+ABS樹脂 仕様で。
消音機を使用した様な、響きを抑えた音色、音量です。

■[A1S Serie1,2(生産中止)]
ポリカーボネイト製
20世紀前半の ビンテージ楽器を彷彿とさせる
素朴な音色が、素晴らしい楽器です。

ただ…
どちらも、サイドキーの音程が非常に低くて
実用的とは言えませんでした。

今回、新しく
■「A1S SERIES3」
が発売との事で試奏しましたが。
音色は、より現代の楽器に近い物になっていました。(`80 シリーズ1相当)

サイドキーの音程面は修正されていましたが。
左手ソ〜ドの音程が、高かったり、低かったり バラバラで。
まだ、改良の余地はあると思います。
※ 良いテスターがいれば、素晴らしくなるのでは?

(店員さんは、調整不足ですので… とおっしゃっていましたが? 本当?)

あと、パッドがシリコン製なので。
きっちりと塞ぐ為には、キータッチを強い目に「ギュッ」と
しないと、音程が変わりません。
通常のサックスだと、タンポが破れてしまいそうな位に(笑)


音程が良くなれば、音色は許容範囲だと思います。
(個人的には、旧シリーズのビンテージな音色は好きですけど。)
おもちゃのサックスと言う意識を捨てて、
本腰を入れて開発すれば、可能性のあるジャンルだと思います。

軽さが「売り」の製品ですので。
是非とも、バリトン、コントラバスを、ABS樹脂で作って欲しい…。
と、タイの社長さんにメールしておきました(笑)
現在、ソプラノサックスを開発中との事ですが。


「YAMAHA YAS-280, YTS-380」

YAS-280
YTS-380

柔らかく、まとめやすい …etc.
という事を形容する「YAMAHA サウンド」と言う言葉がある様に、
ブランド独自の音色を持った楽器です。

中音域の帯域にポイントを絞っているのが、特徴。
色数を絞っているので、初心者も 周囲の音色と馴染みやすい反面、
個性的・多彩な音を追求したい人には、物足りないかも知れません。

上位機種に比べると、
「台湾/中国/インドネシア」系の 高音域の癖が感じられます。
キー配列が 子供でも大丈夫な様に、小型設計と言う点は、
他メーカーにない特徴で、好評価です。

音とは、関係ありませんが。
日本の楽器店の殆どがヤマハ系列ですので。
修理を依頼しやすいのも、メリットです。


「Antigua」

Antigua Alto
Antigua Tenor

少し、ギラついた高音域が気になりますが。
全体的に、輪郭のハッキリした立体感のある音が得られます。
「見た目」「音」共に、セルマーを意識して
作られているなと言う、意図が感じられます。

アメリカ系のごつごつしたキー配列と 耐久性は気になりますが。
この値段で、よくここまで出来たなと言う感じです。
セルマーの「`80 シリーズ1」を模倣しているとも言われ、完成度が高いです。

ソプラノで¥10万台は、
圧倒的なコストパフォーマンス。
「音程|音色」も申し分無いです/

ただし関西圏では、取り扱いが少ないので。
(圧倒的に、ヤマハ市場が優勢な為。)
 ・選定の為に、数多くの本数を試せない とか
 ・急な修理を依頼したい
という点においては、
少し、デメリットを感じます。

ネックを金メッキした仕様は、
非常に良かったのですが。現在は、 生産中止。
再販売を、強く望みます♪
※ 良すぎて、業界から干されたのでは? 大人の事情(笑)

追記(2015/08):

最近、キーのバラツキが感じられます。
左手 人差し指 シ (指番号1)と
左手 人差し指 シ♭(指番号 P または bisキー)
の間隔が広くて、指1本で抑えられない場合が見受けられます。
試奏の際は、チェックしてみて下さい。

修理は、出来ればセルマー系の店(ア○タス)
に出して頂ければ、セルマーの音を維持出来ます。
郵送修理も可能です。


■(入門クラス) ¥10万前後 の サックス


■(中級クラス) ¥20〜30万前後 の サックス


■(上級クラス) ¥40万以上 の サックス



ページのトップへ戻る