サックス コラム

サックス コラム

07. 楽器購入( 2.予算の設定 )

セルマー シリーズ2 アルト
セルマー シリーズ2 テナー

概要

サックスは、ピアノやバイオリン、ギターの様に
修理して 何十年・何百年も使う様な楽器ではありません。
(本当は 永久的に使いたいのですが。)
むしろ、長期的な消耗品と思って下さい。
一生使う物として、高い楽器を購入する必要は ありません。

特に初心者の場合、楽器の扱いに不慣れな場合も多く
故障や事故は 珍しく無いです。
最初の1本目に関しては、無理をしないで
低価格の楽器をオススメします。

楽器は、購入すればそれで終わり という訳では無く
メンテナンス(調整・修理)や 消耗品の補充などが必要です。
私の場合は、10年使用で、楽器器本体と同じ位必要でした。
楽器の予算は、余裕をもって設定する事をお勧めします。


楽器本体の値段の目安

(下記は、アルトサックス、ラッカー仕上げの場合です。)

¥5万以下(超低価格帯)

・家で音出せるかな…
・ちょっと触ってみたいな…
・これから、続けられるかな…
という場合に、丁度 良いかも知れません。

ただし 修理不可の機種が殆どですので。
1年程度の使用を目安にして下さい。
スグに辞める場合には、最もリスクが小さいですが。
長く続ける予定の方には、割高な気もします。(¥3〜5万/年)
音に期待はしないで下さい。

上達して、上位機種を購入した場合は、
スペア楽器としての活用方法もありますので。
野外での練習や、
友達に貸して仲間を増やすとか、使い道は 色々とあります。

思い切って、個性的な色や
プラスチックの製品も オモシロイかも知れません/
(音量も小さいらしいので、自宅練習に便利かも。)

【耐用年数 1年未満】


¥10〜20万(低価格帯)

無理をする必要はありません。
この価格帯の楽器だからこそ 吟味して、
より良い楽器を手にして欲しいです。

個人的には、このクラスの質が良くなってきたので。
¥20〜30万の中級クラス の楽器を買うなら
¥10万の、低価格帯の楽器を2本
「ソプラノ・アルト」か「アルト・テナー」
のサックスを所有した方が、実用的で 楽しいと思います。

小さい修理をして 使い続ける事は可能ですから。
本体価格を超えない程度の、
数回のオーバーホール(総点検)まで、修理して使えるでしょう。
今、最も経済的にお得な価格帯では無いでしょうか?

【耐用年数 3〜7年程度】

アンティグア ソプラノ アンティグア アルト アンティグア テナー アンティグア バリトン


¥20〜30万(中級機種)

学生から一般まで広く使われる、1番人気の価格帯
ちょっと贅沢な感じがウケている様です。

楽器店でもよく薦められる価格帯です。
その分 品薄の傾向なので 楽器選びに苦労しています。
人気だからこそ、需要と供給のバランスが 不安定な気がします。
消費者の厳しい目で 品質を見て欲しいなと感じています。

最近は、低価格帯の楽器がガンバっていますので。
価格差に見合うだけの、「性能|耐久性」があるのか
よく考えて、購入を検討して頂きたいです。

状態の良い楽器なら、修理をして 10〜20年は使える楽器です。

【耐用年数 10年以上】

ヤマハ YAMAHA YSS-675 ヤマハ YAMAHA YAS-62 ヤマハ YAMAHA YTS-62


Yanagisawa ヤナギサワ S-902 ソプラノサックス Yanagisawa A-WO2 Yanagisawa T-WO2


¥30〜50万(上級機種)

ジャンルや 演奏スタイルに合わせて選んで下さい。
ただし、Jazz用と されている楽器は
Classic/吹奏楽では使えません。(2nd 用なら可かもしれませんが。)
本当に良いものは、ジャンルなど関係ありません。

あと、高い楽器だから、どれでも安心。
…と言う訳ではありません。
むしろ、人の手が加わる分、個体差が大きくなります。
自分の考えを持っている人でないと、リスクが大きいですので。
全く初めての方にはお薦めしません。勿体ないです。

このクラスで、本当に良い楽器に出会えたら 一生物です。

【耐用年数 半永久的】

YAMAHA YSS-875EXHG YAMAHA YAS-875EX YAMAHA テナーサックス YTS-875 YAMAHA ヤマハバリトンサックス YBS-62II


Yanagisawa SC-992 YANAGISAWA A-WO20 YANAGISAWA T-WO20 YANAGISAWA(ヤナギサワ) バリトンサックス B-992


セルマー シリーズ2 ソプラノ セルマー シリーズ2 アルト セルマー シリーズ2 テナー セルマー シリーズ2 バリトン


¥70万以上 (高額機種)

本当に必要でしょうか? 選べる本数も少ないですよ。
まさか、液晶テレビの100型とか 自宅用に買わないでしょう?
企業の技術力のアピールとか、展示用だと思っています。

値段が高いのは、
「金・銀の値段が高い」からであって。
「音の価値が高い」のではありません。
そこを錯覚しがちになります。
(なぜ貴金属ばかりなのでしょうか?
 もっと安くて良い素材があるハズです。)

このクラスの楽器は、通常店頭に1本あるかないかですので。
選定が出来ません。一部のプロの方の場合は、
直接 工房や倉庫での試奏が可能ですので。
自分の好みに合った楽器を選べるのかも(?)しれませんが。
一般の楽器店で、良い物はまず無いでしょう。

もし、シルバーやゴールドの音に惚れ込んでいるのなら
ネック交換で十分だと思います。
ネック交換ですら、難易度の高い選定技術が必要ですので。
この事を理解しておられる、楽器に熟知された方なら、
高額機種を選ぶ事の難しさも分かって頂けると思います。
個人的にはお勧めしません。

【耐用年数 半永久的】

SELMER : SOPRANO SAX “jubilee” SERIE/III STERING SILVER SELMER : ALTO SAX “jubilee” SERIE/III S.SILVERセルマー ヤナギサワ T-WO37GP テナーサックス※受注生産・特別彫刻入


補足

よく、「良い楽器の方が上達が早い」という言葉を耳にしますが、
この「良い楽器」というのは、メンテナンスの行き届いた
「良い状態の楽器」だと、解釈して下さい。
「高い楽器の方が上達が早い」という言い方はしないですから。
誤解の無いように。

様は、本人の取り組み方次第です。
自分に合った、値段クラスをお選び下さい。


ページのトップへ戻る