サックス リード

サックス コラム

04. リード( 1.購入編 )- 新解釈 -

バンドレン リード ソプラノサックス
バンドレン リード アルトサックス
バンドレン リード テナーサックス
バンドレン リード バリトンサックス

楽器経験者の方は、今まで リードの厚さは、
 ・初心者は「2 1/2」
 ・上手くなるにつれ「3 1/2」 と言う感じですが…。

私が試行錯誤した結果、
リードは、薄い方が 音質がクリアになります。
しかも 1箱中、10枚全部使えますので。
経済的にも環境的にもお得です!


では…
「31/2」か「4」番のリードと
「21/2」より薄いリードで、実験してみましょう。

まず、各リードで 最大の音量を出せるようにします。
薄いリードで 息が詰まる様なら、噛んで演奏していますので。
もうしばらく慣れるまで、練習して下さい。
自由に振動させてあげると、同じ音量がでるハズです/

理科の時間に、
「音量は振動の大きさに比例…」と習った記憶はありませんか?
マウスピースの開き( 振動の触れ幅 )が同じですから。
リードの厚さに関係なく、同じ音量が出る訳です。


大きい音が出せる様になったら、両方を聴き比べてみましょう。
どちらが クリア な音ですか?
これが、「音質」の差になります。

例えば、「iPod」と「AMラジオ」の音
どちらが クリア な音がしますか?
それと同じです。


目安として、
 ・初心者/中高生/一般は「2 1/2」
 ・上級者/挑戦者は「2 以下」
を、お勧めしています。

私自身は、
「練習|録音|ライブ演奏」で、1番 を使っております。
バリトンは、2番のリードを削って、→  23 リードの削り方
1番相当の物を使っています。

全てのリードが使えるので
特にリードを削る必要もありません。
経済的負担も少なく、時間も有効的に使えますよ。
クラリネットも同様の結果になるはずです。

※ 先端が最も薄いと言う理由から、
 バンドレン トラディショナル(青)を、お薦め致します。
 定番のリードですが。素晴らしい製品です。


[弱点(リスク)]

薄いリードは、音質が良く、多彩な音色表現が可能ですが。
水分(湿気)の影響を受けやすくなります。

長時間の使用(1時間以上)で
水分を多く含んだリードは、
先端が重くなり、振動しにくくなる為
・フラジオ音が出にくい
・音程が下がる
と言った傾向が見られます。

その対策として、
・使う際に水や唾液で濡らさない。→  05 リード(使い方)
・長時間 演奏する場合は、定期的に交換をして下さい。(1時間に1回)
・スラップタンギングは、極力避ける。
(舌の面でリードに触れるので。濡れやすいです。)

と言った、配慮が必要です。
中高生や、一般の吹奏楽でしたら、
それ程 神経質になる必要はありませんが。


最近は、自分に合ったリードを選ぶと言うよりは、
リードの個性を生かして、演奏スタイルを変化させる
と言った考え方に変わりつつある様です。私も同感です。(2:50-)(6:26-)


【補足1】
リードを厚くすると 音量が増す様に感じますが
同じ振動回数を得る為に、より多くの(息)エネルギーを必要とします。
息→音への変換効率と言う点で見ると、燃費が良いのは「薄いリード」だと思います。


【補足2】
薄いリードは、噛み具合が、非常に影響されやすい為
フェイシングの短いマウスピースの方がコントロールしやすいと思います。
バンドレン「A27」「T27」「B27」の使用を推奨します。


【補足3】
今までリードを選び、
1箱10枚の中から、1〜2枚良いリードを選んでいたのは、
その中でも薄いリードを選んでいたのでは?
と、今となっては、そう感じています。
リードの取り付け精度の甘さも、あるでしょうが。


私の方法は、従来の一般的なリードに対する考え方とは異なります。
一般的な情報を知りたい方は、市販の教則本を読んで頂ければ
自分のスタイルが決まると思います。
私のアイディアを採用「する|しない」は、あなた次第です。

サクソフォーン演奏技法 サクソフォーン上達法 うまくなろう!サクソフォーン


ページのトップへ戻る