サックス コラム フラジオ 運指表

サックス コラム

03. フラジオ音域 の 運指表

教則本や、他のサイトでも、色々紹介されていると思います。
正直、単発では音程の相性が良いものや
響き、音色が自分に合っているものがあるかも知れません。

でも。多くの場合、運指配列に規則性が無いので、
フレーズを演奏するには 苦労する場合も多いかと思います。
そこで、「実用性/音程重視」のフラジオ運指を紹介します。
…というか。
通常音域の高音域の運指 そのままなんですけどね。


ソプラノ サックス(セルマー Serie III)
アルト サックス(セルマー Serie II)
テナー サックス(セルマー Serie II)
バリトン サックス(セルマー Serie II)
での、動作確認ですので

他メーカーや、型番、個体差、奏者の癖 …等により
若干、音程に違いがあるかと思いますので。
その場合は、キーを開閉を行い、音程の微調整が必要です。
( 穴の位置がネックに近い程、変化が 大きくなります。)

開けるキー[音程が ↑ 上がる]
「 Tc / Ta/ G# / Tf / D# / LowC# 」
[ 大 ← 音程の変化 → 小 ]

閉じるキー[音程が ↓ 下がる]
「 123456 / C / LowB / LowB♭ 」
[ 大 ← 音程の変化 → 小 ]


< フラジオ 運指表 >(アルト用)

PDF [ Alto ]

< フラジオ 運指表 >(テナー|バリトン用)

PDF [ Ten | Bar ]

< フラジオ 運指表 >(ソプラノ用)

PDF [ Sop ]


Alto Sax.
高音域を 少し低い目に設定しているメーカーや
ド#音程補正機能を持つ機種 等、条件が異なりますので。
自分に合った 運指を探して下さい。
自然倍音を利用した、無理の無い運指です。

Tenor Sax. | Baritone Sax.
テナー|バリトンは、アルトに比べて、半音程度音程が低い為
アルトの High Gの運指を省略し、
半音ずつずらしました。

Soprano Sax.
ド#音程補正機能が働いてしまうので。音程は低めです。
従来の、アルトの運指を基準に音程補正をするのでは無く。
自然倍音を生かす様に、運指を再設定しました。
テナー、バリトンと良く似た運指です。

…むしろ アルトの方が、特殊な指使いかも(笑)

ヤマハのソプラノは、C#シングルトーンホールですので。
アルトの運指のままで大丈夫です。(←羨ましい…)


ページのトップへ戻る