Sax Artist uzu
サックス|教室|楽譜 Sax Artist uzu

サックス|教室|楽譜 [大阪 堺]


リード( 購入編 )


今まで リードの厚さは、
 ・初心者は「2 1/2」
 ・上手くなるにつれ「3 1/2」
と言う感じですが…。

私が試行錯誤した結果、
リードは、薄い方が 音質がクリアになります。
しかも 1箱中、10枚全部使えますので。
経済的にも環境的にもお得!


では…
「31/2」か「4」番のリードと
「21/2」のリードで実験してみましょう。

まず、各リードで
最大の音量を出せるようにします。
薄いリードで 息が詰まる様なら
噛んで演奏していますので。
自由に振動させると、同じ音量のハズです/

理科の時間に、
音の大きさは「空気の振動する幅の大きさ」に比例する
と習った記憶はありませんか?(中学1年)
マウスピースの開き( 振動する幅 )が同じなので
同じ音量が出る訳です。

大きい音が出せる様になったら、
両方を聴き比べてみましょう。
どちらが クリア な音ですか?
これが、「音質」の差になります。
.
.
例えば、「iPod」と「AMラジオ」の音
どちらが クリア な音がしますか?
それと同じ事です。


目安として、
 ・初心者/中高生/一般は「2 1/2」
 ・上級者/挑戦者は「2 以下」
を、お勧めしています。

私は「練習|録音|ライブ演奏」で
1番 を使っています。

全てのリードが使えるので
特にリードを削る必要もありません。
経済的負担も少なく、時間も有効的に使えます。

※ 先端が最も薄いと言う理由から、
バンドレン トラディショナル(青)
を、お薦め致します。素晴らしいリードです。

バンドレン リード ソプラノサックス バンドレン リード アルトサックス バンドレン リード テナーサックス バンドレン リード バリトンサックス


最近は、自分に合ったリードを選ぶ
と言うよりは、リードの個性を生かして
演奏スタイルを変化させる…
と言った考え方に変わりつつある様です。
私も同感です。下記映像より (2:50-)(6:26-)

Claude Delangle - Alto - (Japanese)


【補足1】
リードを厚くすると 音量が増す様に感じますが
同じ振動回数を得る為に、
より多くの(息)エネルギーを必要とします。

力一杯 演奏する状態を、
音量と錯覚しているのでは無いでしょうか?
「息→音」への変換効率と言う点で見ると
燃費が良いのは「薄いリード」です。


【補足2】
普段のマウスピースで、音質は改善しますが。
薄いリードですと、噛み具合が 影響しやすい為
フェイシングの短いマウスピースの方が
コントロールしやすいと思います。
バンドレン「A27 T27 B27」を推奨します。


【補足3】
薄いリードは、音質が改善される反面
水分を吸収しやすくなります。

水分を含んだリードは、先端が重くなる為
振動数が上がりにくくなります。
・高い音が出にくい(特にフラジオ)
・音程が下がる
と言った症状が見られます。
長時間 演奏する場合は、早めの交換が必要です。


【補足4】
今までリードを選び、
1箱10枚の中から
1〜2枚良いリードを選んでいたのは、
その中でも薄いリードを選んでいたのでは?
と、今となっては、そう感じています。


私の方法は、
従来の一般的なリードの考え方と異なります。
一般的な情報を知りたい方は、
市販の教則本を読んで頂ければ
自分のスタイルが決まると思います。


MAIL:
sax@uzu.digick.jp


TEL:
090-9980-8428


PC | Mobile共通
http://uzu.digick.jp/


サイトマップ