ロゴ サックス 教室 楽譜 大阪[堺]|Sax Artist uzu

10 楽器について

楽器について色々考える事がありますが。
量産品しかないサックスの世界では、
自分の理想とする楽器を作る事は、現時点では不可能です。
1ユーザーとして、発言力は全くありませんけど。
何かのお役にたてればと思い、文章にまとめてみました。

1. オーディオ&フラット

自分なりの結論に達するまでに 色んな経過を経て来たのですが。
その中でも一番影響が大きかったのは、
PA・オーディオにおける 良い音と言う考え方です。

管楽器の奏者は、
 「音が明るい(暗い)」
 「音色が硬い(柔らかい)」
 「音質が良い」
と言った事を、直感で感じ取って来た訳ですが。
この事は、「周波数・倍音」の成分で説明する事が出来ます。

例えば
 「音が 明るい(暗い)」  → 周波数の「高域」が多い(少ない)
 「音が 柔らかい(硬い)」 → 周波数の「中域 or 倍音」が多い(少ない)
 「音質が良い」       → 周波数帯域の幅が広い
と言った様に、言い換える事が出来ます。

オーディオの世界では、周波数特性に特徴がない状態を「フラット」と言います。
この状態では、機材そのものには、全く個性がありません。
癖が無い分、録音された音を忠実に再現する事が出来ます。

もし、楽器がフラットな状態であれば、
演奏者の要求を、そのまま音に反映する楽器になると考えています。
私は、フラットを 理想基準の1つ として捉えています。
(フラットでない 個性的な楽器も魅力的ですけどね ♪)

2. 材質による音の変化

多くの管楽器奏者が、金メッキの楽器が良いと感じるのは
メッキにより、「中低域〜低域」の足りない分を
補っているからだと考えています。

SAXカルテットで、弦楽4重奏のアレンジ物を演奏すると
バリトンサックスの音が、同じ音域のチェロと比べて
 「迫力が出ない」
 「何か物足りない」
 「薄く、浅い印象」
と感じるのは、この不足している周波数成分が原因です。

リガチュア製作を通して
「ブラス」より「銅」の方が、低音域を多く含んでいる事が分かったのですが。

金属にこだわらず、
 「プラスチック」
 「セラミック」
 「木材」
 「紙」
 「チタン」
 「カーボン」 …etc.

まだ、色んな可能性があるのでは? と感じています。
コストパフォーマンスの為にも、
「薄く | 丈夫で | 軽く | 高価で無い」
楽器用素材に期待しています。

3. 彫刻による音の変化

彫刻の有無で、楽器の価格に差がありますが。(¥4万〜)
どれだけ音に違いがあると思いますか?
普通は、それ程 気にもしないと思いますが。
シビアな人になると、

「クリアな音が出る」

と言う意見を聞きます。
(最近は、彫刻無しモデルが
 少なくなった為、比較が難しくなりましたが。)

と言う事は、「音質が良くなる」と言う事ではありませんか?
むしろ、彫刻を入れる事で音質を下げているのでは?
…と疑問を持っています。

他の管楽器と比べて下さい。彫刻の入った楽器は、サックスだけです。
フルートや、トランペット も彫刻は可能ですが、
オプションで入れる場合が殆どです。
凹みや キズを極端に嫌う管楽器奏者なのに、
何故 デフォルトで彫刻が必要なのか。
1度、見直す必要があるのでは?
と、考えています。

現在販売されいてる、彫刻なしの機種は、
「ヤマハの入門用モデル」 の1種類のみ。となっています。
 「値上げ・コスト高」の為なのか?
 「昔からの習慣で行っているだけ」なのか?
 「 製造過程で出来た傷を隠す為? 」 という説も。
(バリトンに彫刻無しモデルが殆ど存在しない 理由だそうです。)

せめて、彫刻無しのオプションが選べる様に出来ないでしょうか?
多くの人に賛同して頂けたら、この問題は 解決できると思います。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | | | 31

お問い合わせ

下記より 気軽に ご連絡下さい。

ページトップへ戻る