サックス 教室 楽譜 大阪 堺|Sax Artist uzu

02 音階・分散和音・半音階

簡単な曲が演奏出来るまで 上達したら
音階練習を始めるのに、丁度良い時期です。

・朝起きて、出かける前の コーヒー
・トイレの後に 手を洗う
・寝る前に歯を磨く

…と全く同じ事で 当たり前すぎて、
コレ無しでは、練習した気がしません(笑)


そもそも、
何故 この様な単調な練習が必要なのでしょうか…?

音楽自体、
適当に音符が並んでいる訳では無くて
音階や 分散和音 の組み合わせで
音楽が作られています。

ですから。
スケール・アルペジオ・半音階を
普段から 練習しておくと、
譜読みや演奏が 随分と楽になります。

理想は、暗譜の方向ですが。
気長にトレーングを続けて下さい。

[スケール][ アルペジオ 半音階 ]

サンプルメージ サンプルメージ

PDF (76K)
PDF (52K)

練習方法

譜面を渡されたから と言って、
初心者が 最初から全てに挑戦する必要もありません。
(苦しさに耐えながら 音階を練習する姿は、見ている方も苦しいです。)

色々な方法があると思いますが。
私の所では、以下の様に段階を踏んで頂いています。


(1)最初の1小節を往復[入門]

その調の雰囲気に慣れて下さい。
音域が広くなった時に、音が合っている(間違ったな)と感じられれば、
正しい調整感が身に付いている証拠。

#♭の数が多くなると、楽譜を見ても合っているか分からないでしょう?
現段階では、タンギングは不要です。


(2)8分音符(♪)4+1 個 で区切って練習[初級]

最初から全ての音符を演奏しようとするから、嫌になるんですよね。
長時間の集中力は、疲れますから。

ドレミファソ (2拍休符)
     ソラシドレ(2拍休符)
         レミファソラ…

の様に、「4+1」単位で、区切って練習しましょう。

最初と最後の音で、メトロノームが鳴るので。
転んでしまう箇所も見つけやすく、
小さな成功体験を積み重ねる事で、上達が可能です/
慣れれば、「8+1」や「12+1」など、単位を延ばして構いません。

指が転ぶ、一歩手前のスピードを
楽譜に記入しながら練習しましょう。
半年も経てば、数字が増えて 成長を実感できるハズです ♪

学生さんは、週に1度 くらい
互いの練習進度を確認する日にしても
良いかも知れませんね。


(3)倍速 アーティキュレーション 3連符 [中上級]

Tempo = 120 を超えたあたりから
少し時間に余裕が出来ると思うので。
その分、練習量を増やしては如何でしょう?

「サクソフォーンの為のトレーニングブック」でしたら
(1)音階練習
(3)3度の分散和音
(5)3和音4和音の、分散和音 を行って下さい。

近現代を演奏される方は、
(4)4度の分散和音も、練習に加えると良いでしょう。

(2)は、音階+3度の型ですので。
(1)(3)が出来れば、自動的に出来ると思いますので。
私は、省略しています。

MAXスピードは、「4+1」で鍛えられますので。
私は半分の速度に落として、
各音域でアーティキュレーションにムラが無い様に練習します。

つなぎ目の無い、スラーを(100%)とすると
タンギングしているか分からない様なレガートから(99%)
ほんの一瞬だけ鳴る様なスタッカーティシモまで(1%)
様々なリズムパターンと合わせて、練習します。
同様に3連符も、普段から慣れておきます。


(4)アウフタクトで、節をずらして練習[専門家]

クラシックサックスの神様、ミュール先生の方法です。
「4+1」で練習を続けると、1拍目に 節が出来るので。
全ての音を、均一に練習する為に、
アウフタクトで 1音づつ 前へずらして練習を行います。(4パターン)

    ドレミファソ…
  ド レミファソラ…
 ドレ ミファソラシ…
ドレミ ファソラシド…

これに加えて、3連符も同様に行い(3パターン)
合計、通常の7倍の負荷で 練習する事が可能になります。
※ ミュール先生は、6連符も薦めていますが…(苦笑)

実際にやってみて、
その効果は、大きいと感じますが。
その分、多くの時間を消費するので。
忙しい 中高生の皆さんや、社会人の方には不要だと思います。(笑)

どうしても挑戦したいのなら、
(1)音階練習 だけでも
始めてみては如何でしょうか?

Tempo = 180 程度でも
もの足りなさを感じている、上級者にオススメ致します。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | | | 31

お問い合わせ

下記より 気軽に ご連絡下さい。

ページトップへ戻る